ご挨拶

 私達のふるさと『宮城県気仙沼市唐桑町舞根地区』は、2011年3月11日午後2時46分に発生した
大地震による大津波により、一瞬のうちに4名の命と44世帯の家屋等の全ての財産を破壊・流失して
しまいました。

 地区の被災者の多くは、避難所である唐桑小学校で共に生活を送るうち、

  • 先人たちが残してくれた“絆”の強い舞根
  • 舞根湾のきれいな海
  • 海の幸、山の幸に恵まれた舞根
    に対する想いが募り、

    「住み慣れた舞根に戻り住み続けたい」

    そのために

    「津波被害に遭わない高台に団地を造成しそこに皆で住みたい」

    との意見がまとまり、国の災害支援の補助事業(事業主体=地方自治体)である「防災集団移転促進事業」
    を活用し集団移転を目指すことを決め、平成23年4月24日に地区民の29世帯で「期成同盟会」を
    設立し活動を始めました。しかしながら、被害の規模等による財源の確保等の問題があり、半年経った
    現在も実現の見通しが立たない状況です。

     この度、私達の思いを全国の皆様へ伝え、ご支援をいただきながら、集団移転早期実現に向けた
    活動を発信していくことを目的として、インターネットサイトを開設いたしました。少しでも多くの方に
    ご覧いただき、このサイトを通して、舞根地区という集落の存在、そして私達の復興へ向けた取り組みに
    ついて知っていただけば幸いです。

    2011年9月23日
    舞根地区防災集団移転促進事業期成同盟会
    会長 畠山 孝則

  • Comments are closed.