舞根地区のご紹介

 舞根地区は、古くは養老二年(718年)熊野本宮神勧請の際に仮宮となったといわれる「瀬織津姫(せおりつひめ)神社」や、鳴り砂の「九九鳴き浜(くくなきはま)」を有し、現在では「森は海の恋人」運動の畠山重篤氏を輩出する、リアス式海岸の波静かな湾奥の集落です。湖のようにとても波が静かなことから、台風などの際は舞根の港に逃げてくる船もいたほどです。

 

Comments are closed.